特別な歯科麻酔で限りなく痛くない治療を

「歯医者さんの麻酔」と聞くと、皆さんの頭にはどんなイメージが浮かびますか?
やはり、歯茎に「ブスッ」とする麻酔の注射でしょうか?

歯科治療は昔から、

痛がる女性
患者さん

痛い!怖い!

という印象が伴いがちです。

院長
Dr.Kugo

患者さまになるべく「痛くない治療を」「ストレスのない治療を」と工夫をして努力をしている我々歯科医療従事者としては、残念なことなのですが…

でも、昔よりは現在は、

喜ぶ患者さん
患者さん

思っていたほどつらくなかった、痛くなかった

という方も多いようです。
そうです。
現在は、歯を削る機器などの性能が進歩を遂げた為に、「昔ながらの歯科医院」ではなく新規開業などの歯科医院では必ずと言っていいほど、新しい歯科医療機器を導入するので、
昔よりも治療の痛みや刺激がかなり軽減しています。

院長
Dr.Kugo

新浦安ブライト歯科でも、もちろん、歯を削る道具も、最小限の量だけを削れる緻密で精密な機器を揃えています。

また、痛みを感じなくするための麻酔注射をする時の「チクッ」とする痛み一つにも細心の注意を払い、注射の痛みまでも感じさせなくする「麻酔ジェル」を塗るようなきめ細かな対応をしています。
それでは、歯科麻酔の種類を全てご紹介します。

歯科麻酔の種類

針を刺す痛みを消す!表面麻酔

表面麻酔の商品局所麻酔一種で、歯茎に塗り、その表面を麻痺させて痛みを消します。
歯の痛みを消すことはできませんが(歯の痛みを麻痺させるには次に説明する浸潤麻酔や伝達麻酔が必要です)、注射の「チクッ」とする痛みを消すことができ、また麻酔薬を注入したときのズーンとする鈍い痛みや違和感を和らげます。

下のイラストの様に、粘稠性のあるジェルなので、麻酔薬が口の中で垂れないようにガーゼやコットンロールを入れてブロックし、数分待つと麻酔が効いてきます。

表面麻酔は浸潤麻酔の注射針を打つ際の痛みを取り除くだけでなく、歯茎の奥に隠れた歯石を取る時や、抜けかかった乳児を抜くときなど、激痛ではないので注射をするほどではないけれど、少し痛みが伴いそうな治療を行う時にもピッタリの麻酔方法なのです。

表面麻酔の性状

全ての歯科医院がこの表面麻酔を行っているわけではありません。
しかし、新浦安ブライト歯科では、麻酔の注射をする際には必ず行うようにしています。
その結果、

喜ぶ患者さん

いつ注射をしたのか分からないほど、痛くなかった!

と仰って頂けることも多いのです。患者さまの治療の痛みを限りなく取り除くことを大切にしています。

虫歯・歯周病の治療や抜歯に。浸潤麻酔

これが、いわゆる「歯医者さんの麻酔」です。浸潤麻酔
局所麻酔の一種で、麻痺させたい箇所に近い歯ぐきから麻酔薬を注入します。
歯科医院で一番多く使われる麻酔方法で、虫歯治療に歯周病の治療に、とな場面で登場します。

「浸潤」麻酔と呼ぶのは、注入された麻酔薬が歯を支えている骨(歯槽骨)にしみ通り、歯の神経に届いて効き目を発揮するからです。
歯槽骨の表面は海綿骨と呼ばれる粗い軽石のような、薬剤が浸透しやすい構造になっています。
そのため、注射して数分すると、麻酔薬はここを染み通って歯の神経へと到達し、2~3歯の範囲に効いてきます。

麻酔が効いている時間は量にもよりますが一般的には1~3時間です。
しかし、お食事前の治療など、特別な場合は「短時間で効果が切れる麻酔薬」もご用意しております!

そのため、患者様のご要望に添って、麻酔の種類や量も調整しているのです。

さらに注射時の痛みを軽減するヒミツ

この麻酔は、ピンと張った歯茎と骨の間に注入するので、一般的には術者の技量などにより、グッと注入したときに薬液による圧迫痛が出ます。
しかし、ごくゆっくり、一定の速度で注入すると痛みが出にくいのです。

そこで、当院では「ゆっくり少しずつ一定の速さで麻酔薬を注入し、痛みを軽減できる、最新の自動式電動注射器」を導入しています!
これは必ずしも歯科医院に置いている機器ではありません。

当院の自動式注射器は2種類ご用意し、お子様などには注射中にも楽しい音楽が流れる工夫がされた物もあります。

電動麻酔器1
電動麻酔器

浸潤麻酔が効きにくい時。歯根膜注射

歯根膜注射の方法先ほどの浸潤麻酔の仲間として、歯根膜注射という方法があります。
歯を包み込み、歯と骨をつないでいる靭帯である歯根膜に麻酔薬を注入してしみ込ませます。

虫歯や歯周病、抜歯の治療時に、浸潤麻酔がなかなか効かないときによく用いられる方法で、麻酔薬のしみ込みを阻む組織がないため、注入すると歯根膜を伝って、スーッと神経に届き、効いていきます。

しかし、この方法は全ての歯科医師が出来る訳では無いことも多いです。技術と経験を必要とします。
当院では、外科出身のドクターも在籍し、全ての医師が技術の向上に努めているため、必要な場合は可能な処置です。

注意歯と骨をつなぐ歯根膜に針を刺して薬を流し込むため、麻酔が醒めた後、噛むと歯が浮くような感覚が1~2日ほど出ることがありますが、治まりますので心配いりません。

親知らずの抜歯やインプラントに。伝達麻酔

伝達麻酔の方法伝達麻酔は、枝分かれした小さな神経に効かせる局所的な麻酔ではなく、口の奥の方を通る三叉神経の支流の太い神経の根本の近くに麻酔注射を打つというものです。

注射を1本打つだけでこの神経から枝分かれしている細かい神経の末端までドンッと広範囲に効きます。
つまり、下あごの太い神経の近くに注射をすれば、下あごの片側全体に麻酔を効かせることができます。

この麻酔は2時間ほどしっかりと効果が続くので、親知らずの抜歯やインプラントの手術によく用いられます。
また、一度に広範囲の処置をする場合や、浸潤麻酔では効かない患者様に用いることもあります。

しかし、この伝達麻酔も高度な技術と豊富な経験を必要とします。
そのため、どの歯科医院でも行う事は多くはありません。
しかし、麻酔が効かない場合は必要な方法ですので、過去に麻酔が効かなくて治療の際につらかったという場合は、当院のように「口腔外科専門の歯科医師」が在籍している歯科医院や、大学病院に相談される方が良いでしょう。

歯科治療が怖い方に。眠る様に受けられる静脈内鎮静法

ウトウト眠りながら治療を受けられる!「歯医者さんが怖くて、治療が受けられない」という歯科恐怖症の方に最適な方法が「静脈内鎮静法」です。
歯科の麻酔専門医の管理のもと、血圧や心拍数のモニターや酸素吸入を行い、患者さまの全身状態の管理をしながら鎮静薬を点滴します。

親知らずの抜歯やインプラント治療などの手術、持病のある方、強い恐怖心のある方に用いられますが、一般歯科医院ではこの方法を行える設備と麻酔専門医の資格のある医師を備えている所は殆どありません。

しかし、当院では大学病院の麻酔科に長年在籍し、「麻酔の専門資格」を持った歯科医師が在籍しております。また、安全に静脈内鎮静法を行うために必要な全身麻酔に準じた生体モニターなどの設備も備えてありますので、お気軽にご相談下さい。

点滴をはじめると、すぐにウトウトと眠くなりますが、意識は維持することができ、話しかければ返事もできます。
処置後は

喜ぶ患者さん

あっという間に治療が終わっていた!

と感じ、治療内容もボンヤリ覚えているだけです。

様々な方法を用いて、患者様の苦痛を取り除きます!

アロマと生け花このように、新浦安ブライト歯科では、様々な専門技術と最新設備を備え、患者様に応じた最適な方法を用いて「無痛歯科治療」を可能にします。

本来ならば、大学病院のように様々な専門分野の専門資格を持った医師が揃っていないと受けられない方法も多いですが、当院は「麻酔科」「口腔外科」出身の専門資格のある歯科医師が在籍しています。

痛みが心配な方は、どうぞ安心して、当院にご相談下さい。

受付でも、毎週新しい季節を感じられる「生け花」とアロマをご用意して、お待ちしております。