医療法人社団ウィズダム「新浦安ブライト歯科」の診療方針

当法人・当院では、診療方針を以下の様に掲げております。

新浦安ブライト歯科診療方針

①安全な滅菌・消毒システムの徹底とは

医療機関において、感染予防の為に安全な滅菌・消毒システムの徹底は不可欠です。
当院は「当たり前のことを徹底的に行う」事にも注意しております。

②充分で丁寧なカウンセリングとは

特に当院に初めて来院される患者様は様々な不安を抱いていらっしゃることと思います。
今まで、歯科医院で不快な思いをされたことがある場合はより一層、心配だと思われます。
そこで、当院では初診時に「しっかりと患者様のお話をお聞きし心配なことに少しでも寄り添い解決に努力させて頂く、丁寧なカウンセリング」を行っています。
※ご希望でない場合は、初診時に記入いただく問診票にチェックを付けて頂くと無理に行う事はありません。

③痛くない治療とは

「歯医者さんは痛くて怖いもの」というよくある不安を取り除くために、様々な最新医療技術を用いたり、工夫をしたりして「痛くない」治療を行っています。
小さなお子様には特に後にもトラウマとならないような、無理のない歯科治療の提供を心がけています。

④治療の「見える化」とは

とても見づらい口の中でも、液晶画面上に大きく鮮明に拡大して表示し、「今の歯の状態」から「治療途中」「治療後」の状態までしっかりと目で見て確認して頂ける安心の治療をしております。
治療だけでなく、歯のクリーニングの前後などにも大変便利で、わかりやすくご好評頂いています。

⑤わかりやすい治療料金の提示とは

歯科治療は「被せ物だけでも多数の種類があり、それぞれの金額もわかりにくい」ということが往々にしてございます。
そこで、当院では、各種治療でかかる費用を事前に提示し、見積をお渡しすることも可能です。

⑥治療計画と治療期間とは

歯科治療は一回の通院で終わるということはまず殆ど無いものです。
そのため、「一体いつまで通えばいいの?」「今はどんな治療をしていて、今度はどんな治療をするの?」と分かりにくく不安になることもあると思います。
そこで、当院では検査後に、治療の始めの段階で「治療計画書」をお見せしながら説明し、おおよその期間についてもお話させて頂きます。
ただし、病気の程度や治癒の具合、患者様が通院できる頻度等により、治療法や期間は変化することはございます。疑問に思われた際は、その都度お気軽にご相談下さい。

⑦予防中心の医療とは

「歯が痛くなってから、歯を治すために通う歯科医院」であった時代とは変わり、現代は「自分の歯を健康に一生残すために定期的に予防に通う」ようになりました。
この歯科への考え方は日本では最近になって広まりましたが、歯科医療の先進国である欧米では昔から「定期的な歯の予防処置は当たり前」でした。
そのため、「80歳になった時に残っている歯の数」は日本人は欧米人よりも10歯以上も少ないという状態になってしましました。
当院では、患者様が一生涯、自分の歯で美味しく幸せな人生を送れるように「予防中心」の医療をお勧めしています。